『Drunken Sailer』という歌をご存知でしょうか。
世界的に有名な船乗りの歌で、『What Shall We Do With a Drunken Sailor?』とも表記されるそうです。
水夫たちが帆船の帆を上げるには、綱引きのようにロープを皆で一斉に引く大変な作業をしなければなりませんが、その時、力を込めるタイミングを合わせるために、この歌が歌われたといいます。
つまり作業歌ですね。

どういう歌かと言いますと、こんな歌。

youtube

簡単に和訳すると、

酔いどれ水夫をどうしたらいい?
酔いが覚めるまでボートで寝かせとけ

酔いどれ水夫をどうしたらいい?
船底の水でも飲ませとけ

酔いどれ水夫をどうしたらいい?
下の毛を錆びたカミソリで剃っちまえ

酔いどれ水夫をどうしたらいい?
船長の娘と一緒にベッドで寝かしとけ

酔いどれ水夫をどうしたらいい?
酔いどれ水夫はこうすりゃいいのさ!

ウェイ ヘイ 帆を上げろ
ウェイ ヘイ 帆を上げろ

こんな感じ?

元気が出てくる楽しい歌ですね。


0000: 厳選人気記事 ID:serious.blog.jp


さて、今回ご紹介したいのは、こんなチャイニーズ・クレステッド・ドッグさん。
踊る犬

だからなんなんだよ、と思われてしまいそうですが、この犬さん、上で紹介した『Drunken Sailer』をバックに、椅子の上で踊り狂っているのです。
彼はネイサンという名前で、この当時は施設に保護されていたそうなのですが、とてもシャイな犬で、なかなか引きとり手が見つからない状態だったとか。しかしひとたび船乗りのミュージックが鳴りだすと……。

こうなります。

youtube

酔いどれワンコをどうしたらいい?
とりあえず緑の椅子に載せとけ

彼が不幸になる未来が見えない。
きっと今頃はどなたかに引きとられ、そこでも踊り狂、いいや、幸せに過ごしているに違いありません。


1000: 厳選人気記事 ID:serious.blog.jp