恐竜の化石というのならよく聞きますが、ミイラというのは珍しい。
今回は、そんな恐竜の『ミイラ』の話題をご紹介したいと思います。

今回の主役、ノドサウルスさんの基本情報
ノドサウルス:コブトカゲ
ノドサウルス科・白亜紀後期
「ヨロイ竜」の別名がある曲竜類は、尻尾の棍棒状のコブの有無で大きく2つに分けられる。名前に反して、尻尾にコブを持っていないのがノドサウルス科。背中と脇腹に甲羅を持ち、これで身を守っていたらしい。

ノドサウルスの「恐竜ミイラ」、皮と内臓をそのまま公開
nodosaur-head

この恐竜は、カナダ・アルバータ州にあるロイヤル・ティレル古生物学博物館で展示されている恐竜展の目玉作品です。


引用元:https://allthatsinteresting.com/nodosaur-dinosaur-mummy


0000: 厳選人気記事 ID:serious.blog.jp

この研究に関わったある研究者は述べました。
「骨格だけでなく、恐竜がいる。」

この恐竜ミイラは、2011年にアルバータ州のオイルサンドを掘っているときに重機のオペレーターによって偶然発見されました。非常によく保存されていましたが、現在の表示形式にするのはまだ困難でした。

その幸運な発見の瞬間以来、研究者は6年間で7000時間をかけてテストし、ようやくロイヤル・ティレル博物館で展示する事が出来るようになりました。
訪問者はついに、世界がこれまで見たことのない「現実の恐竜に最も近いもの」を見る機会を得ました。


骨は見えませんが、科学者たちはこれまで発掘された中でおそらく最も保存状態の良い恐竜の標本だと言っています。
それは、死んでから1億1000万年経った今も、骨が無傷の皮膚と甲羅で覆われているからです。

この生物の皮膚、鎧、そして内臓の一部さえも無傷な状態で、研究者たちはほぼ前例のないレベルの保存に驚いています。

「骨格だけではなく、恐竜がいる」と、ロイヤル・ティレル博物館の研究者、ケイレブ・ブラウン氏はナショナル・ジオグラフィックに語りました。

動画です。

この恐竜は、新たに発見されたノドサウルス科の一種で、生きていた頃は3000ポンドの巨大な四本足の草食動物でした。

このミイラ化したノドサウルスは非常に状態がいいので、重量はまだ2500ポンドあります。

CNNが言うように、研究者たちは、恐竜のミイラがどのような条件が揃えば無傷のままでいることができるかは謎だと言います。

数百万年が経過するにつれ、最終的に恐竜の甲羅や皮膚に鉱物が取って代わったかもしれません。このことは、なぜその生き物がこのような形で保存されたのかを説明するのに役立つかもしれません。

保存状態が非常に良かったため、研究者は恐竜の肌の色を見つけることができたのです。

質量分析技術を使用して、研究者は恐竜の鱗の色素を検出しました。 どうやら、ノドサウルスの色は、体の上部が濃い赤茶色で、下側が明るくなっていたようです。


画像です。
nodosaur-spikes

科学者たちは、着色は初期の形のカウンターシェーディングであると考えています。これは、2つのトーンを使用して動物を捕食者から保護するカモフラージュ技術です。 この恐竜は草食動物であると考えられ、その皮膚の色は恐らく当時の巨大な肉食動物からそれを保護するのに役割を果たしました。

「重くて重装甲の恐竜に対する強い捕食は、白亜紀の恐竜捕食者がどれほど危険だったのかを示しています」とブラウン氏は言いました。

普通ならば、皮膚、甲羅、および内臓の保存が充分ではないことが多いため、恐竜の化石を人為的に3次元化しますが、恐竜ミイラは、この形のまま保存されたという点で、とてもユニークです。


画像です。
nodosaur-fossil


ブラウン氏は言います。
「最も美しく保存された恐竜の標本の1つとして、科学史に残るでしょう。恐竜のモナリザです。」


関連記事
【画像】プテラノドン、フサフサの鳥だった

世界各地にドラゴン退治の伝説が存在する理由


1000: 厳選人気記事 ID:serious.blog.jp