123456789

1: 真剣な匿名さん 10:35:41 ID:XJQ
最初に英語の文を貼って、後で翻訳を貼る!

ジョークその1
もっと水が欲しい理由

Ted: Mom, can I have a glass of water?
Mother: You’ve had ten already.
Ted: I know. But my bedroom is on fire.

3: 真剣な匿名さん 10:37:02 ID:XJQ
>>1
テッド「お母さん、お水をもう一杯貰ってもいい?」
母親「もう10杯も飲んだでしょ」
テッド「うん、でも、僕のベッドルームが火事なんだよ」

引用元:https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1475890541/

0000: 厳選人気記事 ID:serious.blog.jp

匿 名 だ っ て 真 剣 : 関 連 記 事
アメリカンジョークの面白さは異常

世界のジョークって結構笑えるのあるよな


5: 真剣な匿名さん 10:37:59 ID:XJQ
ジョークその2
おままごと
Mother: Linda, why are you screaming so much?
Tom isn’t making so much noise.
Linda: Of course. He isn’t. It’s part of the game we’re playing.
He’s Dad coming home late, and I’m you.

7: 真剣な匿名さん 10:38:53 ID:XJQ
母親「リンダ、どうしてそんなに叫ぶの?トムはそんな大声を出してはいないわよ。」
リンダ「もちろん、トムは大声を出してはいないわ。お遊びの役なんだから。トムは、家に遅くに帰ってきたお父さんの役をやっていて、私はお母さんの役をやっているんだから。」

8: 真剣な匿名さん 10:39:43 ID:XJQ
ジョークその3
テストの点が低いわけ

Father: Why did you get such a low score on the history exam?
Mark: Absence.
Father: You were absent on the day of the exam?
Mark: No, but the clever girl who sits next to me was.

13: 真剣な匿名さん 10:41:09 ID:XJQ
>>8
父親「歴史のテストで、なんでこんなに低い点数を取ったんだ?」
マーク「欠席が原因なんだ」
父親「お前はテストの日に欠席したのか?」
マーク「ちがうよ、ぼくの隣に座っているできる女の子が欠席したんだよ。」

17: 真剣な匿名さん 10:42:40 ID:XJQ
ジョークその4
上がるもの、下がるもの

Father: Everything is going up. Food price, electricity and heating expenses.
Why can’t anything go down?
Dave: Dad, take a look at my school report card.


多少口語も混じってるからまあ雰囲気で察してくれ

18: 真剣な匿名さん 10:44:12 ID:XJQ
>>17
父親「なんでもかんでも物価が上がりっぱなしだ。食料品も上がったし、電気代、光熱費も上がった。
なにか下がるものはないのか?」
デイブ「お父さん、僕の成績表を見てよ」

11: 真剣な匿名さん 10:40:31 ID:in4
最初以外のは理解できる

14: 真剣な匿名さん 10:41:59 ID:cyJ
英文を書く意味がわからん
日本語訳だけでよくね?

16: 真剣な匿名さん 10:42:25 ID:lCB
>>14
ロマンがないなあ

15: 真剣な匿名さん 10:42:19 ID:QZh
そうなんだけど表現に違和感が
私とあなたは違うだろっていう
外人の発想はよくわからん

19: 真剣な匿名さん 10:44:58 ID:XJQ
ジョークその5
どんな相手か

Ben: Is it true, Dad? I heard that in some parts of Oriental countries a man doesn’t know his wife until he marries her.
Father: That happens in every country, Ben.

22: 真剣な匿名さん 10:46:47 ID:XJQ
>>19
ベン「お父さん、東洋の国によっては男は結婚するまでどんな人が自分の妻になるかを知らないと聞いたんだけどほんとうなの?」
父親「ベン、それはあらゆる国で起こっていることだよ」


20: 真剣な匿名さん 10:45:14 ID:in4
面白いね
なんか読みたくなるな
もっと難しいのある?

22: 真剣な匿名さん 10:46:47 ID:XJQ
>>20 後の方で少し長いやつも紹介しようと思うわ

23: 真剣な匿名さん 10:47:15 ID:XJQ
ジョークその6
両親とて

Teacher: This is the worst English homework you’ve ever done, Jane.
Jane: Miss, you can’t even trust your parents.

26: 真剣な匿名さん 10:48:19 ID:XJQ
>>23
先生「ジェーン、あなたの今回の宿題は、最悪の出来ねえ」
ジェーン「先生、両親といえども絶対に信用してはいけませんね」

109: 真剣な匿名さん 12:04:31 ID:1ja
>>23
どういう意味?

110: 真剣な匿名さん 12:06:13 ID:XJQ
>>109
ジェーンが親に宿題をやってもらったら、
普段自分でやった時より出来が悪くなったってこと!

111: 真剣な匿名さん 12:10:08 ID:1ja
>>110
Oh, I see.

24: 真剣な匿名さん 10:47:53 ID:rHB
勉強になるなー

27: 真剣な匿名さん 10:48:44 ID:XJQ
ジョークその7
ジャングルでカード遊び
Why can’t you play cards in the jungle?
Because there are too many cheetahs.

28: 真剣な匿名さん 10:49:45 ID:XJQ
>>27
「なぜジャングルでは、カード遊びができないのかな?」
「とても多くのチーターがいるからさ」

Cheetah(チーター)と cheater(詐欺師)の洒落。

30: 真剣な匿名さん 10:50:14 ID:XJQ
ジョークその8
良い知らせと悪い知らせ①
Husband: Dear, I have some good news and some bad news.
First, I’m going to run off with Carol.
Wife: Really, and what’s the bad news?

31: 真剣な匿名さん 10:51:32 ID:XJQ
>>30
夫「良い知らせと悪い知らせがあるんだ。まず、僕は(君と別れて)キャロルと出ていくつもりなんだ」
妻「あらそうなの。それで、悪い知らせの方は何なの?」

33: 真剣な匿名さん 10:52:33 ID:hqM
run off で出て行くって熟語か

ためになった

32: 真剣な匿名さん 10:52:27 ID:XJQ
ジョークその9
良い知らせと悪い知らせ②
Doctor: I’ve got good news and bad news. The bad news is, you’ve only got a week to live.
Patient: That’s awful! What’s the good news?
Doctor: I just won the lottery.

34: 真剣な匿名さん 10:53:21 ID:XJQ
>>32
医者「良い知らせと悪い知らせがあります。悪い知らせは、あなたの余命はたった一週間ということです」
患者「ああ、本当に恐ろしい!それで、良い知らせとは何ですか?」
医者「私に宝くじが当たったんだよ」

35: 真剣な匿名さん 10:53:58 ID:XJQ
ジョークその10
どうやって生まれた?
Carol: How did I get here, Mommy?
Mommy: God sent you, dear.
Carol: And did God send you, too, Mommy?
Mommy: Yes, dear.
Carol: And grandma and great-grandma, too?
Mommy: Yes, dear.
Carol: Then you mean to tell me, Mommy, that there have been no sexual relations in
this familly for over 100 years?

36: 真剣な匿名さん 10:55:12 ID:XJQ
>>35
キャロル「ママ、私はどうやってうまれてきたの?」
ママ「神様からの贈り物よ」
キャロル「お母さんも神様からの贈り物なの?」
ママ「そうよ」
キャロル「おばあちゃんと、そのまたおばあちゃんもそうなの?」
ママ「そうよ」
キャロル「ということは、お母さん、うちの家系は100年以上もセックスをしていないということなの?」

37: 真剣な匿名さん 10:55:41 ID:XJQ
ジョークその11
経験豊富なのは?

Mother: I think it’s about time we had a talk about s●x Alice?
Alice: Sure, mum. What do you want to know?

38: 真剣な匿名さん 10:56:31 ID:XJQ
>>37
母親「アリス、そろそろセ●クスについて話し合ってもいい年頃だわね」
アリス「もちろんよ、お母さん。お母さんはセ●クスについてなにを知りたいの?」

39: 真剣な匿名さん 10:56:57 ID:XJQ
ジョークその12
結婚とお金

Fred: Dad, how much does it cost to get married?
Father: I don’t know. I’m still paying for it.

40: 真剣な匿名さん 10:58:58 ID:XJQ
>>39
フレッド「お父さん、結婚するのにどれくらいお金がかかるの?」
父親「わからん。父さんはいまだに払い続けているよ。

41: 真剣な匿名さん 10:59:45 ID:XJQ
ジョークその13
無実の罪

Kate: Would you punish me for something I didn’t do?
Teacher: Of course not.
Kate: Good, because I didn’t do my math homework.

42: 真剣な匿名さん 11:01:33 ID:XJQ
>>41
ケイト「先生は私がやっていないことに対して罰を与えますか?」
先生「もちろん、そんなことはしないよ」
ケイト「ああ、よかった。実は数学の宿題をやってこなかったのです」

43: 真剣な匿名さん 11:02:29 ID:XJQ
ジョークその14
灰皿とは

Ashtray is a place to put ashes if you haven’t got a floor.

44: 真剣な匿名さん 11:03:32 ID:XJQ
>>43
灰皿とは床がないときに灰を捨てるところである

45: 真剣な匿名さん 11:04:13 ID:XJQ
ジョークその15
アリはどうなる?

Teacher: Let us learn from the example of the busy ant.
He works all the time, night and day. Then what happens?
Edward: He gets stepped on.

46: 真剣な匿名さん 11:05:13 ID:XJQ
>>45
先生「忙しく働くアリの例から学ぼう。アリは昼でも夜でも、一日中よく働く。すると、その後どうなるのかな?」
エドワード「踏まれて死にます」

47: 真剣な匿名さん 11:05:51 ID:XJQ
ジョークその16
禿げた人にしてはならないこと

Never tell a bald man a hair-raising story.

48: 真剣な匿名さん 11:06:27 ID:XJQ
>>47
ハゲの人に身の毛がよだつような話を決してしてはならない

101: 真剣な匿名さん 11:47:56 ID:N3z
>>48
ハゲワロス

50: 真剣な匿名さん 11:07:21 ID:XJQ
ジョークその17
悪いことはしない?

Teacher: Jack, do you use bad words?
Jack: No, sir.
Teacher: Do you disobey your parents?
Jack: No, sir.
Teacher: Come now, you must do something wrong every once in a while.
Jack: I tell lies.

51: 真剣な匿名さん 11:08:36 ID:XJQ
>>50
先生「ジャック、君は乱暴な言葉を使うかな?」
ジャック「いいえ、使いません」
先生「親に反抗したりするかな?」
ジャック「いいえ、しません」
先生「なあ、ジャック、君だってたまには何か間違ったことをすることだってあるだろう」
ジャック「嘘をつくことです」

52: 真剣な匿名さん 11:09:33 ID:XJQ
ジョークその18
弁護士という仕事は

A mother and son were walking through a cemetery, and passed by a headstone inscribed “Here lies a good lawyer and an honest man.” The little boy read the headstone, looked up at his mother, and asked “Mommy, why did they bury two men there?”

53: 真剣な匿名さん 11:10:26 ID:XJQ
>>52
母親と男の子が墓地を歩いていると、ある墓石のそばを通りかかった。「ここによき弁護士、正直者が眠る」と書かれているのを男の子が読み上げ、母親を見上げて言った。「ママ、どうしてここに二人も埋められているの?」

54: 真剣な匿名さん 11:11:07 ID:XJQ
ジョークその19
年をとったと分かる時

You know you’re getting older when your friends tell you that you haven’t changed a bit.

55: 真剣な匿名さん 11:11:44 ID:XJQ
>>54
友人が「あなたはちっとも変わらない」と言い出したら、あなたは年を取ってきているということです

56: 真剣な匿名さん 11:12:28 ID:XJQ
ジョークその20
自然なことなのに

Student: Miss, if s●x is such a natural phenomenon, how come there are so many books on how to do it?

58: 真剣な匿名さん 11:13:09 ID:XJQ
>>56
生徒「先生、セ●クスがそれほど自然な営みであるなら、どうしてセ●クスの仕方という本がこれほどたくさんあるのですか?」

59: 真剣な匿名さん 11:13:38 ID:XJQ
ジョークその21
最高の避妊薬

Teacher: Do you know what the best birth control pill in the world is?
Student: No!
Teacher: That’s it.

61: 真剣な匿名さん 11:14:19 ID:XJQ
>>59
先生「この世で最高の避妊薬を知っているかな?」
生徒「ノー!」
先生「その通りだよ」

62: 真剣な匿名さん 11:14:55 ID:XJQ
ジョークその22
眼科医院の看板

A sign on an eye doctor’s door
:If you don’t see this sign, you’ve come to the right place.

63: 真剣な匿名さん 11:16:04 ID:XJQ
>>62
ある眼科医院の看板から
「この掲示が見えなければ、あなたは適切なところに来たということです」

64: 真剣な匿名さん 11:16:59 ID:XJQ
ジョークその23
経済の問題点

I just figured out what’s wrong with the economy.
We’re earning money five days a week and the government is spending it seven days.

65: 真剣な匿名さん 11:17:28 ID:XJQ
>>64
経済のどこがいけないかわかった。私たち国民は1週間に5日お金を稼ぐが、政府は7日間お金を使っているということだ

66: 真剣な匿名さん 11:18:22 ID:XJQ
ジョークその24
ウエイターと客①

“Waiter,waiter! This soup tastes funny.”
“So laugh, sir.”

67: 真剣な匿名さん 11:18:43 ID:XJQ
>>66
「ウエイターウエイター!このスープおかしいぞ」
「おかしいのなら、どうぞ笑ってくださいませ」

68: 真剣な匿名さん 11:19:06 ID:XJQ
ジョークその25
ウエイターと客②
“Waiter,waiter! There is a dead fly in my soup.”
“Yes, sir, it’s the high heat that kills them. ”

69: 真剣な匿名さん 11:19:28 ID:XJQ
>>68
「ウエイターウエイター!スープに死んだハエが入っているぞ」
「そうでございますね、高熱で死んだのでありましょう」

70: 真剣な匿名さん 11:19:56 ID:XJQ
ジョークその26
ウエイターと客③
“Waiter,waiter! There is a mosquito in my soup.”
“Don’t worry, sir. Mosquitoes have very small appetites. ”

71: 真剣な匿名さん 11:20:23 ID:XJQ
>>70
「ウエイターウエイター!スープに蚊が入っているぞ」
「ご心配なく。蚊にはほとんど食欲がございませんから」

72: 真剣な匿名さん 11:20:44 ID:XJQ
ジョークその27
ウエイターと客④
“Waiter,waiter! There is a bug in my soup.”
“ That’s strange, sir. It’s usually a fly.”

73: 真剣な匿名さん 11:21:06 ID:XJQ
>>72
「ウエイターウエイター!スープに昆虫が入っているぞ」
「妙なこともあるものでございます。いつもはハエが入っているのでありますが」

74: 真剣な匿名さん 11:21:41 ID:XJQ
ジョークその28
誰が見つけた?

Teacher: Jack, show me America on the map.
Jack: There, Miss.
Teacher: That’s right. Now, Tom, who discovered America?
Tom: Jack did.

75: 真剣な匿名さん 11:22:16 ID:XJQ
>>74
先生「ジャック、この地図でアメリカを当ててごらん」
ジャック「先生、そこです」
先生「その通り。それではトム、誰がアメリカを発見したのかわかるかな?」
トム「ジャックです」

76: 真剣な匿名さん 11:22:49 ID:XJQ
ジョークその29
花屋さんには

What do you send to sick florist?

77: 真剣な匿名さん 11:23:08 ID:XJQ
>>76
あなたなら、病気の花屋さんになにを送りますか?

78: 真剣な匿名さん 11:23:40 ID:XJQ
ジョークその30
花屋のトッラクの看板

A sign on a florist’s truck: Drive carefully ―The next delivery may be yours.

79: 真剣な匿名さん 11:24:15 ID:XJQ
>>78
花屋さんのトラックに付けてあった看板「注意して運転をしてください。次の配送先はあなたかも」

80: 真剣な匿名さん 11:24:53 ID:XJQ
ジョークその31
遅刻の理由

Teacher: Why are you late to school every day, Jack?
Jack: The sign down the street makes me late. It says, “SCHOOL―GO SLOW.”

81: 真剣な匿名さん 11:25:26 ID:XJQ
>>80
先生「ジャック、君はどうして毎日学校に遅れてくるのかな?」
ジャック「通りの下にある標識のせいなんです。『学校―ゆっくり行け』と書いてあります」

この標識は『学校あり―徐行運転』の意

82: 真剣な匿名さん 11:26:18 ID:XJQ
ジョークその32
学校前の掲示

At the school street crossing, there was posted a sign that read:
“SCHOOL―GO SLOW. DON’T KILL A CHILD.”
Below the words a student had scrawled: “Wait for a teacher.”

83: 真剣な匿名さん 11:27:34 ID:XJQ
>>82
学校の前の通りの掲示『学校 徐行運転 子供を殺すな』
この掲示の下にあった子供の落書き『教師を待て』

84: 真剣な匿名さん 11:29:16 ID:XJQ
そろそろ尽きそう、次は少し長いやつ

ジョークその33
かわいいペット

Peter’s wife was out shopping one day when she saw an adorable little puppy in a pet shop window.
Not being able to resist the temptation, she purchased the dog and took it home.
As she entered the house, Peter looked up from his newspaper and asked,
“What are you doing with that fat gorilla?”
”It’s not a gorilla,” said his wife in surprise. “It’s a puppy.”
“Shut up.” said Peter, “I wasn’t talking to you.”

85: 真剣な匿名さん 11:32:44 ID:XJQ
>>84
ピーターの妻はある日買い物に出かけ、ペットショップのショーウィンドウでかわいらしい子犬を見つけた。
彼女は欲しくてたまらなくなってしまい、その犬を買って連れ帰った。
家に戻ると、ピーターが新聞から顔を上げて言った
「そんな太ったゴリラと何をやっているんだ?」
「これはゴリラじゃないわ」と妻は驚いて言った「子犬よ」
「黙れ」とピーターは言った「君に話しかけているんじゃない」

86: 真剣な匿名さん 11:34:13 ID:XJQ
ジョークその34
見分け方

Husband: How can I tell mushrooms from toadstools?
Wife: Eat some before you go to bed. If you wake up the next morning, they’re mushrooms.

87: 真剣な匿名さん 11:35:26 ID:XJQ
>>86
夫「食用のキノコと毒キノコはどうやって見分けるのかな?」
妻「寝る前に食べてごらんなさい。翌朝、目が覚めたら食用のキノコってことよ」

88: 真剣な匿名さん 11:36:17 ID:XJQ
ジョークその35
料理の腕前

Wife: There’s a burglar downstairs eating the cake that I made this morning.
Husband: Who shall I call, the police or an ambulance?

89: 真剣な匿名さん 11:37:07 ID:XJQ
>>88
妻「下の部屋に泥棒が入り込んで、私が今朝作ったケーキを食べているのよ」
夫「警察を呼ぶかね?それとも救急を呼ぶかね?」

90: 真剣な匿名さん 11:38:24 ID:XJQ
ジョークその36
芝生の上の立札

How do “Don’t Walk on the Grass” sign get there?

91: 真剣な匿名さん 11:39:19 ID:XJQ
>>90
『芝生の上を歩くべからず』という立て札は、どうやってそこに立てたのかな?

92: 真剣な匿名さん 11:40:08 ID:XJQ
ジョークその37
修理屋さんの看板

WE CAN REPAIR ANYTHING.
(Please knock hard on the door―The bell doesn’t work.)

93: 真剣な匿名さん 11:41:29 ID:XJQ
>>92
『当店は何でも修理できます(御用の方はドアを強くノックして下さい。ドアベルは故障しています)』

94: 真剣な匿名さん 11:42:51 ID:XJQ
ジョークその38
隣人は貧乏か?

Ted: Dad, are our next-door neighbors very poor?
Father: I don’t think so.
Ted: Then why did they make such a big fuss when their baby swallowed a penny?

96: 真剣な匿名さん 11:44:11 ID:XJQ
>>94
テッド「お父さん、ぼくの家の隣に住んでいる人たちはとても貧乏なの?」
父親「そうは思わないな」
テッド「じゃあ、赤ん坊が1セント玉を飲み込んだくらいで、どうして大騒ぎしているの?」

98: 真剣な匿名さん 11:45:41 ID:XJQ
ジョークその39
もしトラが話せたら

Michael: I wonder what that tiger would say if it could speak?
Attendant: It would probably say, “I’m not a tiger, I’m a leopard.”

99: 真剣な匿名さん 11:46:44 ID:XJQ
>>98
マイケル「あのトラ、話ができるとしたら、どんなことを話すのかな?」
添乗員「『私はトラではなく、ヒョウです』というと思います」

100: 真剣な匿名さん 11:47:42 ID:XJQ
ジョークその40
三つのホテル

There were three hotels on the same block in Tokyo.
Competition for business was quite fierce, so one day, one of the hotels put up a big sign in the front door:
BEST HOTEL IN TOKYO

A week later, the second hotel put up an even bigger sign:
BEST HOTEL IN THE WORLD

And a week after that, the third hotel put up a modest little sign that said:
BEST HOTEL ON THE BLOCK

102: 真剣な匿名さん 11:49:20 ID:XJQ
>>100
東京の街の同じ区域に3軒のホテルがあった。商売の競争は熾烈だった。1軒目のホテルが入口のドアに『東京で最高のホテル』という大きな看板を出した。

その1週間後、2軒目のホテルが『世界で最高のホテル』というより大きな看板を出した。

そのまた1週間後、3軒目のホテルが『この区域で最高のホテル』という、控えめで小さな看板を出した。

103: 真剣な匿名さん 11:50:26 ID:XJQ
ジョークその41
節約法

Jim: Dad, I can tell you how to save money.
Father: That’s fine. How?
Jim: You promised me ten dollars if I got good grades.
Father: Yes.
Jim: Well, you don’t have to pay me.

104: 真剣な匿名さん 11:52:04 ID:XJQ
>>103
ジム「お父さん、ぼくお金の節約の仕方がわかったよ」
父親「それはいいことだ。どうやってだい?」
ジム「お父さん、ぼくがいい成績を取ったら、10ドルくれるって約束したでしょ」
父親「そうだったな」
ジム「ぼくに10ドルくれなくてもいいことになったんだよ」

105: 真剣な匿名さん 11:53:44 ID:XJQ
次でラストです。長いやつです

106: 真剣な匿名さん 11:55:16 ID:XJQ
ジョークその42
勇敢な審判

One day, a soccer referee went up to heaven and knocked on the Pearly Gates.
St. Peter appeared before him and said, “Only the brave may enter here. Rerate your story of outstanding courage. ”
The referee said, “Well, I was refereeing an international match between England and Germany at Wembly.
The score was 2-2 as we went into injury time. Suddenly, the German forward went down in England’s penalty area, but it was difficult for me to see whether he was brought down or just took a dive.
Realizing that I had to show leadership in the game, I gave the forward the benefit of the doubt and awarded a penalty, despite the angry noises coming from the home crowd.
The penalty was converted, and Germany won the game. ”
“That certainly was courageous,” said St. Peter, “Hang on while I check it out.”
He disappeared for a few minutes, and then came back holding a huge ledger.
“I’m sorry.” He said, shaking his head, “There is no record of that event. When did it take place?”
The referee looked at his watch and said, “About two minutes ago.”

107: 真剣な匿名さん 12:02:35 ID:XJQ
>>106
ある日、サッカーの審判が天国へ行き、真珠の門を叩いた。すると聖ペテロが現れて言った。
「ここに入れるのは勇敢な者だけだ。あなたが勇気ある行いをした時のことを話しなさい」
審判は言った。「わたしはウェンブリーで、イングランドとドイツの国際試合の審判をしておりました。
ロスタイムに入った時、得点は2対2のままでした。突然、ドイツチームのフォワードがイングランドのペナルティエリアで倒れました。
誰かに転ばされたのか、自分で転んだのか、わたしのところからは見えませんでしたが、
審判に試合の主導権があることを見せなければならないと考え、わたしはそのフォワードに有利な判定をし、
ドイツチームにペナルティーキックを与えました。イギリス人の観衆からは、怒り狂った罵声が聞こえてきた。
そしてペナルティキックが決まり、ドイツが勝ちました」
「それは勇気のある行いだ」と聖ペテロは言った。
「確認するのでしばらくそこで待っていなさい」
少したってから、聖ペテロは巨大な台帳を持って戻ってきた。
彼は首を横に振りながら言った
「申し訳ないが、その件についての記録は載っていないようだ。それはいったいいつのできごとだったのかね?」
審判は腕時計を見て言った
「2分くらい前のことです」

112: 真剣な匿名さん 13:13:18 ID:QWP
>>107
殺されたのか・・・

108: 真剣な匿名さん 12:03:14 ID:XJQ
以上!

49: 真剣な匿名さん 11:06:28 ID:Ewk
これは良スレ

1000: 厳選人気記事 ID:serious.blog.jp