915a6a994f8ff3faed6dc5c7fedda9e0

1: 真剣な匿名さん 01:56:34 ID:uQF
デカすぎぃ!!
no title

no title

no title

no title

no title

2: 真剣な匿名さん 01:57:03 ID:p9i
半分に切って食うんやで

3: 真剣な匿名さん 01:57:15 ID:uQF
>>2
そうらしいな

49: 真剣な匿名さん 01:46:05 ID:12d
>>3
一貫がでかいから2個に切って食ってたから、一貫2個なんだよな
最近、半貫を一貫って言ってる寿司屋が多いよな

引用元:https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1476636994/

0000: 厳選人気記事 ID:serious.blog.jp
おにぎりみたい!

6: 真剣な匿名さん 01:58:17 ID:uQF
五百円くらいの大きさやで
no title

7: 真剣な匿名さん 01:58:41 ID:iKn
トロがゴミってことしか知らない

8: 真剣な匿名さん 01:59:08 ID:uQF
>>7
昔の人は油っぽいものが苦手らしい

10: 真剣な匿名さん 01:59:39 ID:iKn
>>8
腐りやすいからだときいたが

9: 真剣な匿名さん 01:59:18 ID:XSF
どうやって握ってたんや

11: 真剣な匿名さん 02:00:32 ID:yDQ
>>9
シャリをオニギリの要領で握る、ネタ乗せて最後の一押し

15: 真剣な匿名さん 02:01:42 ID:XSF
>>11
やっぱ今みたいに握るのは無理か
今の小さい握り寿司はいつ頃が発祥なんやろか

17: 真剣な匿名さん 02:02:16 ID:uQF
>>15
終戦後やで

20: 真剣な匿名さん 02:05:15 ID:XSF
>>17
まじで??
代々受け継がれてきたもんやと思ってたけど歴史全然ないやん

22: 真剣な匿名さん 02:06:47 ID:yDQ
>>20
ていうか今現在も常に進化中だからな

12: 真剣な匿名さん 02:00:37 ID:uQF
江戸時代の人気の寿司は「海老」「コハダ」「玉子」「たい」「あなご」「白魚」「あじ」「いか」「たこ」「はまぐり」やで

14: 真剣な匿名さん 02:01:42 ID:iKn
>>12
ニンキッてなんだろう
メジャーってことか?

13: 真剣な匿名さん 02:00:44 ID:iKn
確かに昔の日本食は脂肪少なめ、塩分多めだったらしいし
そういう面もあったか

16: 真剣な匿名さん 02:01:57 ID:uQF
冷蔵技術も未発達やから寿司ネタのほとんどは酢で〆る、醤油で漬ける、火を通すなど下処理

18: 真剣な匿名さん 02:03:24 ID:uQF
ちなみに価格はネタによるが屋台の寿司でひとつ4~10文(約60~150円)

19: 真剣な匿名さん 02:04:02 ID:uQF
no title

21: 真剣な匿名さん 02:06:12 ID:uQF
まぁ米は貴重だから戦争中は

23: 真剣な匿名さん 02:11:15 ID:9G5
酢も変わってる
昔は赤酢今は米酢

24: 真剣な匿名さん 03:24:51 ID:5aH
醤油の代用だった煎り酒っていうので食ってみたいな

25: 真剣な匿名さん 03:26:35 ID:CeV
寿司なんてただのファーストフードだしな

26: 真剣な匿名さん 03:27:37 ID:sLi
個人的にぬるい刺身を出された時に思ったのはぬるいあぶらまずっ!だったからトロは味的な面もあったかも
ネギま鍋では食っとるし

27: 真剣な匿名さん 03:28:10 ID:pW1
寿司が2つで1貫なのは切って出したからだとか何とか

28: 真剣な匿名さん 03:30:03 ID:VIR
おなか減ったよぅ・・・

お刺身食べたいよぅ・・・

29: 真剣な匿名さん 03:32:41 ID:Nza
串カツのように醤油は共有二度漬け禁止だったので二つに分けた
現在一皿二巻なのはその名残

30: 真剣な匿名さん 03:33:41 ID:pW1
>>29
はぇー詳しい由来は初めて聞いたンゴ

31: 真剣な匿名さん 03:34:59 ID:VIR
二度付け禁止だからってのはサイズ的に一度で付けるのが困難だったからってこと???

32: 真剣な匿名さん 03:35:59 ID:sLi
>>31
てゆうかどんぶり的なやつに醤油が入ってて、そこにみんなでつけて食ってたから

33: 真剣な匿名さん 03:38:01 ID:VIR
>>32
なるほどな、そういう感じだったんやな

ただ、俺が聞きたいのは二つ分かれた原因はサイズ的に大きいと一度で付けるのが困難だったかってことなんやが

35: 真剣な匿名さん 03:43:27 ID:sLi
>>33
食うのが大変だからと、二度付けばっちいからじゃね
醤油どんぶりのそこにはめちゃ米が沈んでたらしい
二つに切ったら一口で食えて、今では江戸前寿司って比較的小さい握りって勘違いしてる地方民もマジでいる

36: 真剣な匿名さん 03:44:14 ID:pW1
>>33
おにぎりくらいあるのをどんぶりのしょうゆで均等につけるのは無理ゲーすぎたからやろなぁ
あと置く皿がなかったらしい

34: 真剣な匿名さん 03:40:04 ID:Nza
漬けとかアナゴとか加工したネタばかりだったのは保存技術がなかったのと庶民が食べる魚は腐る寸前の鮮度の悪いものばかりだった為

37: 真剣な匿名さん 03:45:28 ID:sLi
>>34
というか、屋台は昼過ぎから夜のもんだからしゃあない

39: 真剣な匿名さん 04:07:03 ID:qEP
マグロは漬けだしな
ほぼ青物ばっか

40: 真剣な匿名さん 04:14:12 ID:f4Q
この大きさなら小僧もお腹いっぱい

43: 真剣な匿名さん 10:04:48 ID:yHr
握りが出始めた頃は屋台で食べるファストフード
職人が仕事の合間に2個ほどつまんで一食にできるくらいの量
今みたいにネタを楽しむもんじゃなくて、お腹を膨らませる、
お握りの感覚なんだよ
醤油が別皿になったのは後期で、基本は全部ネタに仕込んでる
江戸前ってのは、ネタとかに全部仕事が済んでて、
醤油とかつけずにそのまま食べるってのが定義だから

44: 真剣な匿名さん 10:21:25 ID:nAI
江戸前の定義は東京湾で捕れたもん使うやと思ってたわ

47: 真剣な匿名さん 17:12:42 ID:yHr
>>44
握り寿司はお江戸発祥で、当時の流通から考えれば、
素材は全て江戸近辺から産出したものになるからね
で「ネタに仕事」ってのも、火を通すとかヅケにするとか、
そういう仕事をしてないとすぐに悪くなっちゃうから

48: 真剣な匿名さん 17:14:55 ID:tDx
生粋の東京者で
特に母方は代々の江戸っ子なんだが
江戸前寿司ってものを食べた事がないかも

どこら辺の店がオススメなんだ?
なんか値段も格式も高そうなイメージがあって
取っつきにくい

45: 真剣な匿名さん 10:24:06 ID:PUJ
江戸時代のファーストフードだったからなお寿司って

46: 真剣な匿名さん 16:33:44 ID:UWR
日本に伝わる前、朝鮮半島ではもう少し大きかったそうですね

42: 真剣な匿名さん 04:20:26 ID:RQH
なんかでかすぎて虫みたいできもい

1000: 厳選人気記事 ID:serious.blog.jp