800px-Happinata_Koju_on_a_rearing_horse

1: 真剣な匿名さん 23:51:15 ID:cT2
知名度、面白さ的には互角やろ
何でや?

8: 真剣な匿名さん 23:57:27 ID:zmo
水滸伝って何て読むんや?って小学生の時思って敬遠した

19: 真剣な匿名さん 23:59:40 ID:vqo
す、すいきょでん!

引用元:https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1477147875/

0000: 厳選人気記事 ID:serious.blog.jp
英雄がいない

23: 真剣な匿名さん 00:01:00 ID:hWd
>>21
三国志も水滸伝も英雄を描いたフィクションやで

28: 真剣な匿名さん 00:03:08 ID:niS
英傑と言った方が正しいかな

32: 真剣な匿名さん 00:05:39 ID:47Z
主人公の宋江も大概クズやし・・・

43: 真剣な匿名さん 00:08:55 ID:hWd
>>32
三国志だって史実じゃみんな屑やし

33: 真剣な匿名さん 00:05:44 ID:YaW
水滸伝のあだ名詐欺は本当にひで
小覇王周通とか一体なんやねん

36: 真剣な匿名さん 00:07:13 ID:keZ
>>33
弱い奴は強く見せなきゃならヘン
だから弱い奴ほど大層な綽名で強い奴ほどシンプルな綽名なんや

34: 真剣な匿名さん 00:06:24 ID:hWd
もういっぺん漫画化すれば売れるやろ
アニメ化でも

50: 真剣な匿名さん 00:10:45 ID:adK
どちらの話にも共通する事やけど中国の役人は腐ったのしかおらんのか

56: 真剣な匿名さん 00:12:35 ID:hWd
>>50
いつ世界中を見てもでっかい政府は腐るやろ

58: 真剣な匿名さん 00:12:53 ID:keZ
>>50
民衆の読み物やから官吏に対する攻撃性がうけるっていう面もあるんやで

62: 真剣な匿名さん 00:14:32 ID:47Z
>>50
今の中国共産党を見てみたらわかるんじゃない?

63: 真剣な匿名さん 00:14:38 ID:EkC
>>50
逆やねん
役人が腐ってる時代だから国が傾いて
乱世になって英雄豪傑が目立てるんや

53: 真剣な匿名さん 00:11:07 ID:YaW
水滸伝は訳文が軽妙で面白い

64: 真剣な匿名さん 00:15:48 ID:keZ
まあ基本宋江と李キが中心だからクズエピソード満載やし日本人受けはせえへんよな
横山はそれで大幅カットしたらしい

65: 真剣な匿名さん 00:16:43 ID:YaW
>>64
シュドウを仲間にするために幼児の頭をたたき割るエピソードとか正当化のしようがない

70: 真剣な匿名さん 00:18:23 ID:keZ
>>65
あれは畜生すぎる
最終的に鉄牛はイチ●ツをしゃぶれって罵るから頭おかc

67: 真剣な匿名さん 00:16:49 ID:B2j
国盗りじゃなくチンピラがどうしたこうしたの話しだからやろなぁ
せせこましいやんか、話しが

68: 真剣な匿名さん 00:17:15 ID:YaW
>>67
けどあいつら最後は国防軍に転身するで

69: 真剣な匿名さん 00:17:19 ID:uV9
ラストが酷すぎるからじゃね?
三國志も歴史を見ればバッドエンドやけど諸葛亮が死ぬところで大体の作品は終わるからそこまでバッドエンド感ないし

73: 真剣な匿名さん 00:18:57 ID:b0L
>>69
負けるにしても暗殺ってのがアカン

75: 真剣な匿名さん 00:19:25 ID:keZ
>>69
中国ではラストをがっつり削ってる70回本が有名なんやで

76: 真剣な匿名さん 00:20:11 ID:YaW
>>75
70回やったらまだ誰も死んでへんな

77: 真剣な匿名さん 00:20:15 ID:47Z
>>75
そういや、バッドエンドも中国じゃ嫌がられてたな

79: 真剣な匿名さん 00:21:17 ID:YaW
北方版やと死ぬところの描写も見せ場なんやけど原作はあっさり殺しすぎて
つまらん

82: 真剣な匿名さん 00:22:40 ID:keZ
>>79
最後に味方が死ぬシーンは中国の学者でも適当過ぎて受け付けないって人がいるらしい

84: 真剣な匿名さん 00:23:33 ID:YaW
>>82
そらそうよ
弓矢が降ってきました頭領が数人まとめて死にました
こんなんばっかやもん

92: 真剣な匿名さん 00:27:46 ID:4TT
タイトルがアカンわ

三国志ほど分かりやすいタイトルはない

95: 真剣な匿名さん 00:28:51 ID:keZ
>>92
ほとんど「滸」の責任やな
ほとりって意味が日本人には通じ辛い

96: 真剣な匿名さん 00:28:54 ID:YaW
>>92
日本人の99%が志の意味を誤解しているんだよなあ
なお英訳でもその誤解が踏襲されている模様

97: 真剣な匿名さん 00:30:13 ID:keZ
>>96
「志」は現代の「誌」に同じなんだよなぁ

100: 真剣な匿名さん 00:31:39 ID:YaW
>>97
それな
あれは三国の記録って読み替えるのが正解なのに文字通り三国の夢って勘違いされてるよな
まあその方がタイトルとしてはきれいでいいとおもうけど

99: 真剣な匿名さん 00:31:27 ID:yMO
向こうに何年かおったけど本場でも大きな差があるからなあ
水滸伝キャラを宣伝に使うみたいなメディア展開は全く見なかった

113: 真剣な匿名さん 00:34:05 ID:keZ
>>99
向こうではドラマ長編でやってるくらいには有名なはずなんやけどなぁ
あんまり触れる機会あらへんかったん?

120: 真剣な匿名さん 00:36:30 ID:yMO
>>113
同じドラマなら新三国の方がはるかに存在大きいし
三国殺っていうカードゲーム流行りまくってたから
三国志キャラつかって宣伝するっていうのは死ぬほど見たけど
水滸伝はなかったなぁ 今の若い中国人は知らん人の方が多いと思うで

103: 真剣な匿名さん 00:33:08 ID:4TT
諸葛亮とかいうカリスマ

107: 真剣な匿名さん 00:33:16 ID:adK
三国志は魏 呉 蜀が争って晋が勝ちましたというオチやからな

109: 真剣な匿名さん 00:33:41 ID:b0L
>>107
本当の地獄はここからなんだよなあ

127: 真剣な匿名さん 00:38:26 ID:1Ll
ワイは水滸伝のことを古典的ラノベや最古のラノベと呼んでいる
最古かは知らんけどとりあえず

131: 真剣な匿名さん 00:39:36 ID:oMa
>>127
最古は源氏物語やと思うで

147: 真剣な匿名さん 00:43:15 ID:1Ll
>>131
「最古」はワイの過剰表現だから、多少はね

・超人的能力の持ち主が敵を翻弄
・仲間が集まる
・厨二臭い渾名
ラノベやん!

130: 真剣な匿名さん 00:39:19 ID:Jnp
誰か水滸伝の内容を産業にしてくれ

133: 真剣な匿名さん 00:39:57 ID:TuL
>>130
犯罪者が
国のピンチに戦ったら
全員死んだ

141: 真剣な匿名さん 00:42:11 ID:keZ
>>130
前半 色々な英雄好漢がならず者に落ちる
中盤 戦争を起こしながら見方を増やし108人集結
後半 ホウロウの反乱を鎮圧するも半数以上の味方が死亡、生き残ったものもそれぞれの末路を辿る

148: 真剣な匿名さん 00:43:20 ID:Jnp
>>141
これだけで読んだ気になるわ
サンガツ!

164: 真剣な匿名さん 00:47:05 ID:jyD
実際に起きた歴史なのかどうか
この差は案外デカいと思う

166: 真剣な匿名さん 00:47:58 ID:keZ
>>164
水滸伝も実在の人物宋江から取材してるんやで

167: 真剣な匿名さん 00:48:31 ID:47Z
>>166
でもあいつ反乱起こしただけじゃなかったっけ?

172: 真剣な匿名さん 00:49:34 ID:keZ
>>167
そういわれてしまえばそうやけどな
ちなホウロウの乱には参戦してるぞ

174: 真剣な匿名さん 00:50:19 ID:38P
>>166
やっぱ酔っぱらって壁に詩を書いたのか?

175: 真剣な匿名さん 00:50:47 ID:keZ
>>174
それはオリジナルだと思われる

185: 真剣な匿名さん 00:54:00 ID:47Z
チラッとwikipedia見てみたけど、108人全員に記事があるのね

187: 真剣な匿名さん 00:54:46 ID:YaW
>>185
それぞれの記事を読むと雑魚キャラでも意外と持ち上げられてて面白いで

188: 真剣な匿名さん 00:54:52 ID:1Ll
なぜコーエーは水滸伝無双を出さなかったのか、コレガワカラナイ
創作の余地あるし、元々超人で妖術とかファンタジーだし
仲間やカップリング(意味深)も豊富、群がる官軍を蹴散らせで敵キャラも豊富
でも基本「押し寄せる敵を撃退」のワンパターンになるか……

190: 真剣な匿名さん 00:56:03 ID:keZ
>>188
今からでも遅くないのに
出してクレメンス

269: 真剣な匿名さん 01:27:31 ID:b0L
吉川、横山、ゲームの3コンボやな

295: 真剣な匿名さん 01:38:22 ID:b0L
天才が読みやすく小説か漫画でまとめるのを待つしかないな

1000: 厳選人気記事 ID:serious.blog.jp