8be1c766-s

1: 真剣な匿名さん 00:18:09 ID:5n9
スターリンが死んだ。この独裁者を厄介払いすべくフルシチョフは
海外に埋葬場所の提供を求めた。
英国「わが国にはすでにチャーチル卿がおられます。大戦の英雄は1人で十分です」
ドイツ「わが国にはすでにヒトラーがいます。独裁者は1人でたくさんです」
そこへイスラエルから提供してもよいという応えが入った。だが
それを聞いたフルシチョフは青ざめた顔で猛反対した。
「あそこは以前に復活があったんだ!」

引用元:https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1481383089/

0000: 厳選人気記事 ID:serious.blog.jp
ある優秀な兵士に上官がいった。
「君は非常に優秀だな、どんな親か一回あいたものだ。」
「父はスターリン、母はソヴィエトです!」
「ほう、なかなか愛国心があるようだな。偉いぞ。
なんでも一つ願いをきいてやろう。なんかいってみなさい。」
「自分は孤児になりたいです!」

3: 真剣な匿名さん 00:19:28 ID:5n9
ブレジネフ書記長時代の旧ソ連。
ある男が、アメリカの新聞記者にこう語った。
ブレジネフは今や恰幅がいいだけの、うす汚い独裁者だと・・・

翌日さっそく男は逮捕される。
国家機密漏洩罪であった。

21: 真剣な匿名さん 00:23:42 ID:i1w
>>3
都合の悪い事実

5: 真剣な匿名さん 00:19:47 ID:5n9
冷戦下のソビエト。
米国を困らせてやろうと、直径30cmの
コン●ームを米国に発注。

2週間後、品物が届く。
パッケージには「Sサイズ」。

28: 真剣な匿名さん 00:25:11 ID:AjE
>>5がわからンゴ

40: 真剣な匿名さん 00:27:45 ID:dcU
>>28
ロシア人は巨●やと思わせようと発注
アメリカはもっと巨●やと思わせようとパッケージにSサイズと書いて送った
(30cmより大きいMとLがあるいうことやね)

意趣返しみたいなもんやろ

46: 真剣な匿名さん 00:29:14 ID:AjE
>>40
サンガツ
技術力が高いってことも暗喩してんのかな

6: 真剣な匿名さん 00:20:16 ID:5n9
ついに中国とロシアの戦争が勃発した。
開始一週間で、ロシアは圧倒的な戦力で中国人の兵士20万人を捕虜とした。
それから一週間後、さらに50万人の兵士を捕虜とした。
ロシアは中国に通告した。「降伏せよ。」

中国から返答があった
「降伏せよ。さもなくば来週中に少なくとも1000万人の捕虜を送り込む」

31: 真剣な匿名さん 00:25:37 ID:i1w
>>6
中国の恐るべき兵站破壊

7: 真剣な匿名さん 00:20:36 ID:5n9
米同時多発テロの翌日、中国の首相がブッシュ大統領に電話をかけてお見舞いを言った。
「大変な悲劇でしたね。いろいろお困りでしょう。
 わが国にできることがあれば何でも言って下さい」
「はい、ありがとうございます」
「ブルドーザーが足りないなら、こちらにはたくさんあります」
「はい、ありがとうございます」
「ガレキを埋める場所がないなら、こちらには広い土地もあります」
「はい、ありがとうございます」
「ペンタゴンの機密書類が見つからないなら、こちらにはコピーもあります」

31: 真剣な匿名さん 00:25:37 ID:i1w
>>7
中国に筒抜け

8: 真剣な匿名さん 00:21:05 ID:5n9
ロシアにある「赤の広場」で、男が「スターリンは馬鹿だ」と叫びながら走り回っていた。
当然男は逮捕され、裁判の結果懲役25年が言い渡された。

刑期のうち5年は侮辱罪、残りの20年は国家機密漏洩罪であった。

31: 真剣な匿名さん 00:25:37 ID:i1w
>>8
スターリンはばか

10: 真剣な匿名さん 00:21:28 ID:5n9
昔ロシアである男が兵役を逃れようと必死で言い訳をしていた。
「私は結核なのです。」
「ボロシロフ将軍は結核だが立派な軍人だぞ。」
「私の目は片方見えないのです。」
「イワノフ将軍を見ろ。片目だが軍人の鑑だ。」
「私は精神薄弱なんです。」
「バカをいえ。皇帝様をそれでも職務を果たしておられるぞ。」

34: 真剣な匿名さん 00:26:38 ID:i1w
>>10
帝国崩壊の原因はニコライのヘタレさ

11: 真剣な匿名さん 00:21:37 ID:5rw
面白いなやっぱ

29: 真剣な匿名さん 00:25:11 ID:Rta
赤の広場ってなんや?

32: 真剣な匿名さん 00:26:02 ID:5n9
>>29
こんなん
no title

37: 真剣な匿名さん 00:26:53 ID:Rta
>>32
綺麗E

237: 真剣な匿名さん 10:29:34 ID:gbK
>>37
赤ってキレイって意味やで
意訳するなら綺麗な広場

36: 真剣な匿名さん 00:26:49 ID:5n9
陸軍、海軍、空軍、それぞれの将軍が
誰の部下が一番勇気があるか競うことにした。

陸軍の将軍が部下に言った。
「今そこを走っている戦車に向かってほふく前進をしろ」
部下は言われたとおりに戦車に向かい、ひき殺されてしまった。

空軍の将軍が部下に言った。
「パラシュートなしで戦闘機から脱出しろ」
部下は言われたとおりに戦闘機から飛び出し、墜落死した。

海軍の将軍が部下に言った。
「あの空母の一番高いところから飛び降りろ」
部下は言った。
「ふざけるな、この豚野郎」

海軍の将軍が言った。
「どうだ、私の部下が一番勇気があるだろう。」

上官に逆らったら粛清の対象になり得るから1番勇気があるっていう意味

49: 真剣な匿名さん 00:29:55 ID:5n9
ソビエトの収容所で三人の元労働者が何故捕まったのかを話していた。
「俺は一分遅れただけでぶち込まれたんだ。職務怠慢で。」
「俺なんか一分早かったんでぶち込まれたんだ。スパイ容疑で。」
「お前らはまだましさ。俺なんか時間きっかりに着いてぶち込まれたんだ。
西側製の時計を持っている容疑で。」

当時東側と言われたソ連では西側の資本主義国家を悪の手先と言ってた。その悪の手先の作ったものを使ってるから捕まった。
またその悪の手先は技術的にも遅れてると教えていてそれを否定する時計であったから。

51: 真剣な匿名さん 00:30:36 ID:5n9
ソビエトにて、ソフホーズの看板が2枚。
「民主主義は今や崖っぷちに立たされている!」
「社会主義は民主主義の一歩先を行っている!」

崖っぷちの一歩先。後は分かるよなぁ?

54: 真剣な匿名さん 00:30:58 ID:FgA
>>51

53: 真剣な匿名さん 00:30:54 ID:Ozv
これ好き

Q.「ソ連にもアメリカのような言論の自由があるって本当ですか?」
A.「ええ、原則としてその通りです。ワシントンD.C.のホワイトハウスの前で『くたばれ、レーガン!』って叫んでも罰せられないのと全く同じように、モスクワの赤の広場の前で『くたばれ、レーガン!』って叫んでも罰せられません」

56: 真剣な匿名さん 00:31:39 ID:dcU
>>53
草生える

58: 真剣な匿名さん 00:31:49 ID:mo2
>>53

57: 真剣な匿名さん 00:31:46 ID:RKS
「世界で最も中立的な国はどこでしょうか?」

「チェコスロバキアです。なにしろチェコスロバキア人は、
自国の内政にすら干渉しませんから」

66: 真剣な匿名さん 00:34:32 ID:8uY
>>57
すき

60: 真剣な匿名さん 00:32:25 ID:5n9
「ソビエト連邦」という列車が走っている途中、いきなり停車した。
見てみると列車の前のレールがない。
レーニンは自分でレールを敷いた。
スターリンは責任者を銃殺にした。
フルシチョフは楽観的だった。「まあいいさ。後ろのレールを外して前につければいい」
ブレジネフは周りに言った。「カーテンを閉めろ。そしてみんなで列車をゆするんだ。ほーら。走っているような気がするだろう?」
アンドロポフとチェルネンコはどちらも「レールが直らなければすすめない」と言って何もしなかった。
ゴルバチョフは「レールがない!レールがない!」と世界に向けて叫んだ。
最後のエリツィンは列車をぶちこわした。

列車=ソ連
列車をぶち壊す=ソ連崩壊

176: 真剣な匿名さん 01:10:41 ID:vtP
>>60
これ大好き

61: 真剣な匿名さん 00:32:39 ID:RKS
モスクワのマッチ工場が火事で焼けた。
燃え跡には大量のマッチが焼け残っていた。

68: 真剣な匿名さん 00:34:56 ID:5n9
キムジョンイルがルクセンブルクを表敬訪問し、各大臣の出迎えを受けた。
国防大臣の前でキムは「おたくのような小さな国でもそんなポストがあるんだね。」
というと、国防大臣は鼻でフンと笑いながら言った。
「あんたの国にだって裁判所や文化省があるじゃないか。」

沖縄本島くらいの広さにポスト必要?ときかれてあんたらのとこに裁判所や文科省必要?ってこと

キムジョンイル=北朝鮮な

73: 真剣な匿名さん 00:35:48 ID:5n9
共産党の地区オルグ。中央から派遣された委員が共産主義社会の成果について得々と語る。
 「わが国の肉や小麦生産は飛躍的に向上している。」

 会場から質問。
 「その肉や小麦は何処に行ったんですか?」
 演説に水を差された委員がみるみる不機嫌そうに・・・

 次の月のオルグ。
 あいかわらず景気のいい演説。すると会場から「質問」の声が。
「なんだ?ここの地区は質問が多いな?肉や小麦の質問なら先月回答したはずだ。」

質問者。
「いいえ、同志委員。肉や小麦のことはいいんですけど、先月質問した奴は何処に行ったんですか?」

粛清されたの

81: 真剣な匿名さん 00:37:15 ID:LOM
>>73
くさはえる

75: 真剣な匿名さん 00:36:02 ID:FgA
宇宙から帰還したガガーリンの歓迎パーティにロシア正教のモスクワ総主教アレクシー1世が列席しており、ガガーリンに尋ねた。
総主教「宇宙を飛んでいたとき、神の姿を見ただろうか。」
ガガーリン「見えませんでした。」
総主教「わが息子よ、神の姿が見えなかったことは自分の胸だけに収めておくように。」
しばらくしてフルシチョフがガガーリンに同じことを尋ねた。総主教との約束を思い出したガガーリンはさきほどとは違うことを答えた。
ガガーリン「見えました。」
フルシチョフ「同志よ、神の姿が見えたことは誰にもいわないように。」

これすき

80: 真剣な匿名さん 00:37:11 ID:V5a
>>75
うまいな

83: 真剣な匿名さん 00:38:25 ID:5n9
赤の広場で行われたメーデーのパレード。
スターリンを称えるスローガンが書かれたプラカードの波の中で
老婆がひとり「神様ありがとう」と書かれたプラカードを持っていた。

青年:ばあさん、それは「神様ありがとう」じゃなくて「同志スターリンありがとう」と書かなきゃだめだよ。

老婆:では同志スターリンがこの世を去ってしまったら、それからはなんて書けばいいんだい?

青年:そのときは「神様ありがとう」と書けばいいんだよ。

スターリンは独裁者
死んでくれて神様ありがとうって意味

85: 真剣な匿名さん 00:39:12 ID:RKS
原潜の世界最長潜水記録は我が国の潜水艦が保有している。
「ノブゴロド」は1950年に潜水して以来、未だに記録を更新中である。

86: 真剣な匿名さん 00:39:36 ID:uZ4
>>85
沈み続け定期

87: 真剣な匿名さん 00:39:36 ID:dcU
>>85
すこ
上がれんだけやんけ

91: 真剣な匿名さん 00:41:03 ID:5n9
先生が生徒にたずねた。
「パブロフ君、シベリアはどこにあるかな?」
「アジアです。」
「どういう方法でそこへ行けるかな?」
「裁判所を通じて行くのが一番簡単です!」

ソ連時代無実の人でも共産党に不利益なことを言った人を弾劾するために裁判してたんや

96: 真剣な匿名さん 00:42:17 ID:5n9
その昔ロシアでは、ロシア皇帝の悪口を言うと極刑に処せられた。
あるバーで男達がロシア皇帝の悪口を言いいながら飲んでいると、
そこに警官がやってきて怒鳴った。
「貴様等!!皇帝陛下の悪口を言うとは何事だ!!」

男達はおそるおそる嘘を答えた。
「我々は阿呆で有名な隣り村のウラジミールの悪口をいってたんでさぁ。
陛下の悪口なんて恐れ多くてとても言えません」

この嘘にだまされた警官が言った。
「お前等!!これから悪口を言う時は気をつけろ!!
馬鹿だの無能だの低能だのと言ってるのを聞くと
皇帝陛下の事だと思ってしまうからな!」

99: 真剣な匿名さん 00:42:44 ID:uZ4
>>96
警官ゥー!

100: 真剣な匿名さん 00:42:49 ID:Ozv
アメリカ・クリントンが地獄につながる電話回線を発見
オペレーターにつないでもらい、なくなった偉人たちと話している
という噂を聞いた中国江沢民、アメリカを訪問し、早速電話させてもらう。

話は尽きないが、クリントンが横でイライラ
「地獄への電話代はとても高いので・・・」しぶしぶ電話を切った江沢民。

まだまだ話し足りない江沢民は、頼み込んで、地獄への電話のしかたを教えてもらう。
後日、中国からオペレーターにつなぎ、さっそく電話。
我を忘れてたくさんの先輩方と話し込んだ後、ドキドキしながら料金を聞くと、とても安い。
なぜだ?とオペレーターに聞くと・・・

「中国大陸からは国内回線ですので」

107: 真剣な匿名さん 00:45:35 ID:dcU
>>100
これって中国は地獄っていう意味でええやんな?
偽造死が流行ってたっていう意味ちゃうやんな?

109: 真剣な匿名さん 00:46:21 ID:Ozv
>>107
せや

102: 真剣な匿名さん 00:43:27 ID:5n9
部下「同志スターリン、シベリアのラーゲリの維持費がかさんで
我が国の財政は火の車です。
昨年度はなんと国家予算の半分を超えました!」
スタ「ううむ・・・流石にそれは問題だ。何か良い案は無いのかね?!」
部下「流刑地をモスクワに変更しましょう。そのほうがずっと安上がりです。」
スタ「安上がりなのはいいが、私は政治犯どもと同居はごめんだぞ」
部下「おお!!同志!!その時こそ貴方がシベリアに行かれる時ですぞ!!!」

シベリアは世界で1番寒い場所

118: 真剣な匿名さん 00:48:20 ID:09k
フルシチョフ「はぁ! ひどい悪夢を見た」
ソ連高官「どうなされました、同志フルシチョフ?」
フルシチョフ「アメリカが共産主義国になる夢だ」
ソ連高官「すばらしい夢ではありませんか、同志!」
フルシチョフ「馬鹿を言え、それでは我々はどこから穀物を輸入するのか!」

これ好き

129: 真剣な匿名さん 00:52:02 ID:RKS
チャーチルとルーズベルトとスターリンが一緒にクルマに乗っていた。
1本道をいくと牛が道いっぱいに寝そべっていて進めなくなった。
チャーチル「どいてくださったら勲章を差し上げよう」
牛はスンとも言わない。
ルーズベルト「どいてくださったら100ドル差し上げよう」
牛は小馬鹿にしたように鼻をならした。
スターリン「(耳元で小声で)コルホーズへやるぞ」

牛は一目散に走って逃げた。

131: 真剣な匿名さん 00:52:23 ID:FgA
>>129

130: 真剣な匿名さん 00:52:18 ID:FgA
Q.「ニワトリと卵の、どちらが先にあったか?」
A.「共産化の前には、両方ともあった。」

132: 真剣な匿名さん 00:53:07 ID:dcU
>>130
こんなん草生えるわ

135: 真剣な匿名さん 00:54:47 ID:Ozv
>>130
イイね

140: 真剣な匿名さん 00:56:41 ID:09k
オリンピックでハンマー投げに優勝したハンガリーの選手が
インタビューをうけた。
「ものすごく飛ばしましたね。秘訣はなんですか?」
「祖国への愛です。
 鎌を投げさせてもらえば、もっと遠くまで飛ばしてみせます!」

142: 真剣な匿名さん 00:57:04 ID:FgA
>>140

143: 真剣な匿名さん 00:57:24 ID:RKS
「この男は何をしたんだね」
「亡命を企てました」
「なら刑務所に入れるべきだろう、何だって精神病院に入れたりしたんだ」
「こいつ、ロシアに亡命しようとしたんです」

151: 真剣な匿名さん 00:59:47 ID:uZ4
>>143
大草原

153: 真剣な匿名さん 01:00:08 ID:FgA
スターリンは党大会で報告を読み上げていた。そのとき誰かがくしゃみをした。
「誰だ、くしゃみをしたのは?」(沈黙)「第一列!立て!射殺せよ!」(拍手)
「誰だ、くしゃみをしたのは?」(沈黙)「第二列!立て!射殺せよ!」(長い長い拍手)
「誰だ、くしゃみをしたのは?」(沈黙)…そして背後から落胆しきったすすり泣く声がした
「わたしです。」スターリンは身を乗り出して言った、「お大事に、同志!」

これだいすき

157: 真剣な匿名さん 01:01:58 ID:6xG
>>153
なんや正直に言えば許してもらえるやん

167: 真剣な匿名さん 01:07:06 ID:FgA
「お前の職業は?」「著述業です」
「ふん、労働者じゃないな。ではお前の両親は?」「商売をしておりました」
「なんだ、ブルジョアか。お前の妻は?」「貴族の娘です」
「ああ、ダメだダメだ!お前は社会主義国には相応しくない!……あ、一応名前だけでも聞いておこうか」「……カール・マルクス」

174: 真剣な匿名さん 01:10:09 ID:Ozv
>>167
マルクス主義やと著述業でも労働者搾取してるってことなるんかな
まあタバコ屋のおっちゃんが大企業の重役から搾取してるって世界観やもんなあ

171: 真剣な匿名さん 01:09:37 ID:RKS
フルシチェフがロンドンを訪問した日。
あるイギリス貴族が居間の暖炉の前の安楽椅子に身を沈め、
ブランデーをなめながら新聞を読んでいる。突然、大砲の音。
卿は執事を呼んで尋ねる。
「ジョン、あの砲声はなんだね?」
「ソ連書記長 フルシチェフが到着したのでございます、サー」
しばらくたって、もう一度砲声。卿はまた執事を呼んで尋ねる。
「ジョン、始めのは当たらなかったかな?」

180: 真剣な匿名さん 01:12:20 ID:RKS
ボン発キエフ行きのルフトハンザ航空機が、着陸態勢に入った。
「乗客の皆様、当機はまもなくキエフ空港に着陸いたします。
ドイツとの時差は、30年と1時間です。」

181: 真剣な匿名さん 01:12:44 ID:FgA
>>180

182: 真剣な匿名さん 01:12:52 ID:Ozv
>>180
これ好きやわ

185: 真剣な匿名さん 01:13:57 ID:5n9
天寿を全うしたブルジネフ書記長は、当然の成り行きで地獄に堕ちた。
入り口のところで門番が待ちかまえて注意する
「ブルジネフさん、地獄に来た以上、必ず罰を受けなければいけません、
 ただ、どんな罰を受けるのか選択はできます。」
そういわれてブルジネフは地獄を、一通り見学した。
すると、レーニンは針の山でもがき、
スターリンはグツグツ煮えたぎる釜の中で悶えていた
ブレジネフは思わず身震いをしたほどだ
ところが、なんとフルシチョワがむこうで、マリリリン・モンローと
抱き合っているではないか。ブレジネフは手を叩いて喜んだ
「これだ、私にもフルシチョワ同士と同じ罰を与えて欲しい」
地獄の職員が言った
「とんでもない、あれはフルシチョワではなく、
 マリリン・モンローが受けている罰ですよ」

フルシチョワ=豚

198: 真剣な匿名さん 01:17:32 ID:5n9
スターリンの5カ年計画が推進されていた頃の話。
ソ連のある工場では、会計主任の欠員を補充しなければならなかった。
志願者はほとんど全部、学校を卒業したての者で、
職場の実際の経験を持たない者ばかりであった。
工場支配人は、口頭試問で、誰にでも同じ質問をした。
「2と2を寄せると、いくつになるね?」
誰もが、4つになります、と答えた。
すると支配人は、その人を丁寧に事務所から送り出してしまうのである。
最後に、中年の男が入ってきた。
この男はソ連の会計について数年の経験を持っていた。
彼にも同じ質問がなされた。
すると、彼は顔を引き締めて、クイズを解くような様子で
支配人を見つめて言った。
「いったいいくつにしたら、お気に召しますか?」
支配人は、この男を採用することに決めた。

201: 真剣な匿名さん 01:20:08 ID:5n9
スターリンとアイゼンハワーが会談をしていると、自分のボディーガードが
どれだけ自分に忠実かで口論になった。

アイゼンハワーが自分のボディーガードに命じた。
「おまえ、今すぐあのがけから飛び降りろ」
会議場の近くにあるがけの高さは数十メートル。落ちれば即死である。
ボディーガードはすぐにこう言った。
「そんなことできません。私は故郷に娘や妻を残してきているのです」

次にスターリンが自分のボディーガードに命じた。
「おまえ、今すぐあのがけから飛び降りろ」
ボディーガードは何のためらいも無く飛び降りた。
が、崖の中腹に生えていた木に引っ掛かり奇跡的に無傷で救出された。

救出されたボディーガードを新聞記者が取り囲んで、なぜ無茶な
命令を拒否しなかったのかと聞いたところ
ボディーガードはすぐにこう言った。
「そんなことできません。私は故郷に娘や妻を残してきているのです」

209: 真剣な匿名さん 01:30:34 ID:09k
囚人が3人いた。
「君はどんな罪で服役しているんだい?」
「1950年にベリヤを批判したからさ。そういう君は?」
「1953年にベリヤを擁護したからだ。そこのお前は?」
「私はベリヤだ」

213: 真剣な匿名さん 01:32:19 ID:FgA
>>209

231: 真剣な匿名さん 16:28:12 ID:X2M
モスクワの小学校の授業中、先生が生徒に質問した。
「世界で最も進んでいる国はどこですか?」
「ソヴィエト連邦です」と生徒。
「世界で最も豊かな国はどこですか?」
「ソヴィエト連邦です」と生徒。
「世界で最もすばらしい教育が行われている国はどこですか?」
「ソヴィエト連邦です」と生徒。しかし、生徒は突然泣き出した。
「どうしたのですか?」と先生が聞く。
生徒が答えた。
「先生、僕はソヴィエト連邦に生まれたかったです」

236: 真剣な匿名さん 07:21:34 ID:Uim
>>231
じわじわくるw

123: 真剣な匿名さん 00:50:24 ID:FgA
聡明なソ連人の5つの戒め
1.考えるなかれ。
2.考えたなら、喋るなかれ。
3.考えて喋ったなら、メモするなかれ。
4.考えて喋ってメモしたなら、サインするなかれ。
5.考えて喋ってメモしてサインしたなら、驚くなかれ。

227: 真剣な匿名さん 02:46:53 ID:XKc
社会主義の六つの奇跡

1.失業はないが、働いている者がいない。
2.働いている者はいないが、全ての者が給料を貰っている。
3.全ての者が給料を貰っているが、それでは何も買うことができない。
4.何も買うことができないが、誰もが何でも持っている。
5.誰もが何でも持っているが、全ての者が不満を持っている。
6.全ての者が不満を持っているが、選挙では体制側に票が入る。

これほんとすこ

144: 真剣な匿名さん 00:57:46 ID:p3v
みんなおもろいな

1000: 厳選人気記事 ID:serious.blog.jp