english_kaiwa_bad_man

1: 真剣な匿名さん 13:22:34 ID:cjg
誕生の経緯とかなぜ発達したのかとかも重要だけど
どうして人類は言葉を生んだのか、どうやって生み出したのか、
そして言葉というものがないのにどう言葉を作ったのか
なぜ言葉は世界中に存在するのか

2: 真剣な匿名さん 13:22:59 ID:WcQ
ウホウホ

3: 真剣な匿名さん 13:23:09 ID:cjg
>>2
ウホwwww

引用元:https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1500697354/

0000: 厳選人気記事 ID:serious.blog.jp
イルカやサルとかでも単語に相当する概念はあるみたいだし
人間だけと特徴といったら文法が決まってるってとこかな

6: 真剣な匿名さん 13:24:45 ID:cjg
>>4
いや、その文法ってものをなぜ作れて
なぜ広めることができたのかってことよ

12: 真剣な匿名さん 13:26:31 ID:1v1
>>6
材料を組み合わせて道具を作る時と同じような脳の使い方するんだと思う
道具を使うのはほかの動物でもあるけど作るのは人間特有の能力

16: 真剣な匿名さん 13:28:27 ID:cjg
>>12
いやだからよ、それをどう広めたのよ
だれも言葉ってものを知らないんだぜ
なんで普及するんだ

5: 真剣な匿名さん 13:24:12 ID:0m2
教育と言語は切っても切り離せないがくじつ的なわだいや

8: 真剣な匿名さん 13:24:59 ID:cjg
>>5
やっぱりはっきり分かる人っていないのな

7: 真剣な匿名さん 13:24:52 ID:auk
人間にとって一番の謎は同じ失敗を何回も繰り返すことやろ

9: 真剣な匿名さん 13:25:16 ID:cjg
>>7
そりゃ動物もなんじゃ

10: 真剣な匿名さん 13:25:56 ID:auk
>>9
たしかに

11: 真剣な匿名さん 13:26:02 ID:UhO
多分人間ですらなかったときから音によるコミュニケーションはあって、それを多用するうちに喉頭が発達していったんじゃね。

15: 真剣な匿名さん 13:27:22 ID:cjg
>>11
単語一つ一つをどう生み出したのか分からん
なぜ「言葉」は「ことば」と呼ぶのか
なぜ「地球」は「ちきゅう」と呼ぶのか
なぜ「人類」は「じんるい」と呼ぶのか

17: 真剣な匿名さん 13:29:01 ID:UhO
>>15
多分最初は抽象的な言葉はなくて具体的な何かを表すためのものだったんじゃない。

22: 真剣な匿名さん 13:31:55 ID:cjg
>>17
ますます分からんですたい

29: 真剣な匿名さん 13:35:10 ID:UhO
>>22
いきなり「愛」とか「心」とかの抽象的な概念を言語化したわけじゃなくて、最初は「木」とか「果物」とか「猪」ぐらいしかなかったんじゃね。ということ。

30: 真剣な匿名さん 13:35:49 ID:cjg
>>29
そっから応用きかせたってことね
ピラミッドのアレとかも近いかな

31: 真剣な匿名さん 13:37:36 ID:UhO
>>30
そうだな。抽象的な概念って具体的な概念をかき集めたようなもんだからな。「心」も「嬉しい」とか「悲しい」とかの色々な感情をひっくるめたようなもんだし。

33: 真剣な匿名さん 13:40:24 ID:cjg
>>31
感情って美しい

20: 真剣な匿名さん 13:30:40 ID:PHO
他の動物に比べて喉が音声作れる幅が広くで声のコミュニケーションが発達したとか
滅んだネアンデルタール人は喉の形が違ってあまりいろんな種類の発声できなかったらしい

23: 真剣な匿名さん 13:32:25 ID:cjg
>>20
それはあぜ声を出せるのか、だろ
なぜ言語を作れたのか、を知りたい
まぁ答えは永遠に出ないだろうけど

25: 真剣な匿名さん 13:34:02 ID:2dk
>>ネアンデルタール人は喉の形が違ってあまりいろんな種類の発声できなかった

その説はもう覆されてる
1900年代半ばの未熟な復元技術でそー言う風に考えられてきたけど

21: 真剣な匿名さん 13:31:25 ID:HqP
言葉は人類の最大の発明ですね

24: 真剣な匿名さん 13:32:35 ID:cjg
>>21
まったくだぜ

26: 真剣な匿名さん 13:34:07 ID:H5T
普段から日常的に新しい言葉が作られてることは無視?

28: 真剣な匿名さん 13:34:37 ID:cjg
>>26
それは元からある言語を応用してるからまぁいい

32: 真剣な匿名さん 13:38:52 ID:OQn
なぜ言葉が出来たかって?
愛を語るためさ!

34: 真剣な匿名さん 13:40:39 ID:cjg
>>32
さてきみに使うチャンスは来るだろうか

39: 真剣な匿名さん 17:26:42 ID:u4q
>>32
愛を語るより口づけを交わそう

35: 真剣な匿名さん 13:41:52 ID:fKD
漢字で当て字するまではできたのに
仮名を発明できない中国って馬鹿なの

36: 真剣な匿名さん 13:44:06 ID:cjg
>>35
カタカナなんか作ったら爆発するからだろ

37: 真剣な匿名さん 13:44:28 ID:2dk
発音種の数が日本語より桁違いに多いから無意味だよ仮名

38: 真剣な匿名さん 15:30:35 ID:yCo
言語は人間の考え方の基礎になる

40: 真剣な匿名さん 17:30:17 ID:XsA
ピダハン語とかロトカス語を話す地域とかはそういう研究に役立つかな

42: 真剣な匿名さん 17:32:59 ID:Ipi
今の言語系を使えるものが生き残ってそうでないのは先祖が皆殺しにしたんじゃね

46: 真剣な匿名さん 18:11:27 ID:6yz
>>42
現在の言語を使える者はコンピューターによって制御出来る言語の囚人スパム化人間にし、
先祖の言葉を他人に貶められずに、
その有益さを秘密を守れれば自ら護られる

47: 真剣な匿名さん 18:14:07 ID:CVQ
>>42
単純言語や原始言語みたいなのはないみたいだね。
どんな未開の部族でも一定レベルの複雑な言語体系をもってるらしい。

49: 真剣な匿名さん 18:19:16 ID:XsA
>>47 
スワヒリ語なんて「名詞クラス」というものがあるために
「これ」という単語が16個もあるんだから

43: 真剣な匿名さん 17:34:40 ID:Ksc
人間が言語を使うときに、赤ちゃんのときからすでに脳内に言語能力がインプットされてる説と、母親や家族などまわりの会話や話しかけにより言語能力が出来上がる説の2つだっけ?
頭悪くて上手く説明出来ない…どっちなんだろう?

45: 真剣な匿名さん 17:55:01 ID:XsA
日本語:「おじいちゃん」「おばあちゃん」「おじさん」「おばさん」
英語:"grand father" "grand mother" "uncle" "aunt"
中国語:「爺爺(父の父)」「??(父の母)」「外公(母の父)」「外婆(母の母)」
「伯伯(父の兄)」「叔叔(父の弟)」「姑姑(父の姉妹)」「舅舅(母の兄弟)」「阿姨(母の姉妹)」

・・・こういう違いは単なる文化の違いだろうか

62: 真剣な匿名さん 08:25:33 ID:Z0I
>>45 
おい、めい、いとこ、はとこ・・・まで考えたら頭が痛くなりそう
(一応調べたんだけど、やっぱり頭痛が・・・)
http://www.sf.airnet.ne.jp/ts/language/kinship.html

48: 真剣な匿名さん 18:17:46 ID:VC9
言語を持たずに発達した部族とかおらんのか?

50: 真剣な匿名さん 18:19:22 ID:mgH
>>48
手話なら

52: 真剣な匿名さん 18:22:08 ID:LYy
ニカラグア手話ってのが最新の言語かつ誕生の経緯が観察された唯一の言語だな
人間は小規模の群れを作るとそこで使われる言葉を作る能力があるらしい
そして人間は群れの中だけで交配を続けることができない以上、他の群れとの交流が必要になる

群れ同士の交流によって言語を教え合ったりすれば広まるんじゃないの?

56: 真剣な匿名さん 18:32:52 ID:VC9
全員耳が聞こえない部族があったらどうなるのっと

57: 真剣な匿名さん 18:34:49 ID:LYy
>>56
ある国で聴覚障害者の集団に手話を教えなかったら本人たちが勝手に言葉を作ったよ
これがニカラグア手話だ

59: 真剣な匿名さん 18:42:05 ID:hO7
ニカラグア手話ってググったらすごすぎワロタ
ドキドキするねこういうの

60: 真剣な匿名さん 19:42:58 ID:T9F
ニカラグア手話初めて知ったけど、一世代掛からず言語が生まれるんだな
ホモサピエンスは

61: 真剣な匿名さん 19:48:42 ID:TsJ
ニカラグア手話と自然言語とを
その発生や複雑化の過程の点で一緒に並べることは難しいよ
なんせニカラグア手話は現代文明と接した状況でという条件があるんだからな
伝えるべき情報や概念が目の前にある
それは多言語によって形作られたものだから

51: 真剣な匿名さん 18:21:17 ID:o7i
もしかしたら言語が先かもしれない

国語辞書が発生

人類誕生

人類が国語辞書を拾う

53: 真剣な匿名さん 18:22:45 ID:VC9
次元の狭間から国語辞書が発生したのが
人間を人間たらしめる要因となった

54: 真剣な匿名さん 18:24:08 ID:mDz
文法は言語能力と思考を整理するパーツとして言語が前提にある論理的思考能力の後に編み出されるものでしょ

55: 真剣な匿名さん 18:26:14 ID:mDz
長年連れ添った夫婦なら毎度漢字の「一」って書くだけでも書き方や筆跡で何を求めているか分かるかもしれないけど、そういう言語能力が前提にない直感的な思考力による「文字」では「文字」自体を発展させることすらできないジレンマ

1000: 厳選人気記事 ID:serious.blog.jp