800px-Nauru_map

1: 真剣な匿名さん 17:56:07 ID:g9V
・国土はサンゴ礁にアホウドリの糞が堆積してできた島
・1980年代までは非常に裕福な国であり無税、医療費・教育費・水道光熱費無料、全年齢層にベーシックインカムを支給、結婚した者には新築一戸建てを贈呈
・現在は資源が枯渇して経済崩壊し他国からの援助に依存している
・現大統領はバロン・ワカ大統領(公務員大臣、警察・緊急業務大臣、内務大臣、気候変動大臣、外務・貿易大臣及びナウル・リン鉱石採掘権信託大臣兼務)
・失業率90%
・ほとんどの国民に労働の習慣がない
・国民の30%以上が糖尿病

2: 真剣な匿名さん 17:56:50 ID:md6
えぇ・・・

3: 真剣な匿名さん 17:57:25 ID:M5y
ナムル?
ヒビンバも食べよう

引用元:https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1516352167/

0000: 厳選人気記事 ID:serious.blog.jp
他国からの援助がでかすぎる

5: 真剣な匿名さん 17:59:00 ID:d6G
仕事漁業くらいしかないんちゃうか

11: 真剣な匿名さん 18:00:12 ID:cDV
>>5
長年仕事してなかったから仕事という概念を理解出来ない奴が多数いるらしい

13: 真剣な匿名さん 18:00:41 ID:g9V
>>5
周りは海に囲まれているものの漁業はほとんどされていない模様

7: 真剣な匿名さん 17:59:07 ID:2RJ
この国いったらワイですら超絶働き者やな

8: 真剣な匿名さん 17:59:38 ID:kD1
もう岩手県に吸収されろ

9: 真剣な匿名さん 17:59:41 ID:JFf
この国の大統領かわいそうやな

10: 真剣な匿名さん 17:59:57 ID:Z0W
リンが完全に枯渇したんやっけ?

12: 真剣な匿名さん 18:00:35 ID:JFf
アホウドリの糞からリンが取れたんか?

14: 真剣な匿名さん 18:01:00 ID:byz
これ完全に生活保護ってやつやろ
支援が過ぎると何もしなくなるんやなぁ

15: 真剣な匿名さん 18:01:29 ID:JFf
島ってことは領土狭いんか?

23: 真剣な匿名さん 18:03:20 ID:cDV
>>15
世界で3番目位の小さな国やで

25: 真剣な匿名さん 18:03:43 ID:JFf
>>23
サンガツ

16: 真剣な匿名さん 18:02:00 ID:bM3
ワイもナウルに行けばヒエラルキーの頂点に君臨できるんか?

20: 真剣な匿名さん 18:02:39 ID:JFf
>>16
君もブラックで苦しみそうやけど

17: 真剣な匿名さん 18:02:07 ID:JFf
イッチはなんでこんな国知ったんや?

29: 真剣な匿名さん 18:07:00 ID:g9V
>>17
世界の小国を調べてたらこの国だけ異常だった
名前しか知らなかった

18: 真剣な匿名さん 18:02:18 ID:1dp
ん?この国にワイらが行って乗っ取れば後々王族になれる可能性が…?

19: 真剣な匿名さん 18:02:34 ID:efi
むかーしダイヤルアップでネット繋いでた時代にウイルスに感染してナウルまで国際電話かけさせられたことがあったやなぁ アダ●トサイトはこわいンゴ...

21: 真剣な匿名さん 18:02:57 ID:a4H
治安とか経済とかどうなんやろな

26: 真剣な匿名さん 18:04:07 ID:bM3
国民総ニートみたいなもんやし治安は大丈夫ちゃう?

27: 真剣な匿名さん 18:05:11 ID:BxX
こいつらに原始生活させて保護しようや

28: 真剣な匿名さん 18:05:31 ID:a4H
ギリシャと勝負させたい

30: 真剣な匿名さん 18:08:38 ID:JYO
こんなことで国の名売るとはなぁ

32: 真剣な匿名さん 18:14:28 ID:cDV
一応一時期日本領だった事あるんやけどな

33: 真剣な匿名さん 18:16:42 ID:joY
加工品しか食えないから糖尿病患者が多いんだよな

35: 真剣な匿名さん 18:18:04 ID:cDV
>>33
後、あっちの方では太ってる方が魅力的って文化があるから多少はね?

34: 真剣な匿名さん 18:16:56 ID:OJx
援助して見返りはあるんか?

41: 真剣な匿名さん 18:48:09 ID:g9V
>>34
国連総会で日本に有利になるように投票してくれる
小国でも一票は一票

43: 真剣な匿名さん 18:51:51 ID:iQi
>>34
漁業させてもらえる
太平洋にポツンとある島国なので経済水域はクソでかい

36: 真剣な匿名さん 18:18:09 ID:kcg
人口一万人いて草
五キロ×五キロの範囲に一万人て

37: 真剣な匿名さん 18:21:31 ID:kD1
一応イギリス領なんか?

38: 真剣な匿名さん 18:36:40 ID:1dp
ググったらマーシャル諸島の方なんやな
まじで周りに何もなくて草

39: 真剣な匿名さん 18:39:20 ID:xOB
一番近い島ですら100km離れるとか大草原

40: 真剣な匿名さん 18:44:04 ID:kD1

42: 真剣な匿名さん 18:50:55 ID:kD1
ナウル共和国は,生活必需品の多くを輸入に依存しており,海外からの物流窓口としてアイウォ港を使用しています。今回の協力は,アイウォ港における荷役作業の効率化と安全性の向上を図るために必要な資機材を購入するための資金を供与するものです。

アイウォニキ

44: 真剣な匿名さん 18:52:26 ID:lcT
滅んでええんちゃうのこういう国は

45: 真剣な匿名さん 18:53:39 ID:iQi
食事は外食
洗濯はクリーニング
すべて華僑がお店やっているはず

46: 真剣な匿名さん 18:54:21 ID:pM7
ニウエもやばいな

47: 真剣な匿名さん 18:55:57 ID:pM7
オーストラリアの援助ほしいンゴ!せやオーストラリアに押し寄せてる難民受け入れたろ!の精神

48: 真剣な匿名さん 18:55:58 ID:1dp
かつて資源で栄えた国の末路やな

49: 真剣な匿名さん 18:57:13 ID:pM7
2002年 中華民国との国交を断絶し、中華人民共和国と国交樹立。中華人民共和国から1億3000万ドルの援助を引き出した。
2003年 2月21日、BBC放送が諸外国からナウルへの通信が途絶したとのニュースを配信。政変やクーデターが推測されたが、資金的な事情で通信設備が維持できなくなったことが後に判明。3月に1月就任した大統領がアメリカで客死しこの年だけで大統領が4回も変わった。
2004年 オーストラリアから1,700万ドルの無償資金供与を受ける。
2005年 5月、中華民国と復交。同時に中華人民共和国と再び国交断絶した。

50: 真剣な匿名さん 18:57:28 ID:iQi
裕福だったころは国民を海外旅行に連れて行ってた

51: 真剣な匿名さん 18:57:32 ID:kWt
ナウル「やっべぇぞ!」

53: 真剣な匿名さん 18:58:13 ID:Tyy
経済水域の資源買い取りでもすりゃええやん

54: 真剣な匿名さん 18:58:23 ID:lCe
なんでそんな糖尿病患者が多いんや?

56: 真剣な匿名さん 18:59:54 ID:iQi
>>54
一日三食すべて外食なうえに
仕事もせず1日中ぶらぶらしてるからやで

58: 真剣な匿名さん 19:01:43 ID:kD1
>>56
おんJ民も糖尿に気をつけなきゃ

59: 真剣な匿名さん 19:03:16 ID:ZHQ
>>58
外食してないからね、仕方ないね

55: 真剣な匿名さん 18:58:48 ID:8Va
中東も石油枯渇したらこうなるんやろうな

57: 真剣な匿名さん 18:59:59 ID:Gf8
>>55
中東は無くなった後のこと一応考えてはいるみたいだしあの国ほどひどくはならないんでない?

60: 真剣な匿名さん 19:03:37 ID:Gf8
たまに名前は聞くけどよくこんな小さい島に人住めるなぁって思うわ。しかも
国だし

67: 真剣な匿名さん 19:09:00 ID:xOB
>>60
生まれ育ったところならそれが普通だしな
食う寝る遊ぶに困らなければどこでも平気やと思う

68: 真剣な匿名さん 19:14:08 ID:kcg
>>67
本来ならエリートはいるやろうけどそういうやつらも衰えてしまったんかな
ニートが段々衰えていくようなもんなんやろな

64: 真剣な匿名さん 19:06:50 ID:Gf8
大統領スターウォーズに出てたやろ
no title

65: 真剣な匿名さん 19:07:11 ID:iQi
>>64
おはKONISHIKI

66: 真剣な匿名さん 19:08:04 ID:kD1
>>64
おはウガンダ・トラ

69: 真剣な匿名さん 19:16:08 ID:XHR
アダ●トサイトのドメインめっちゃ置かれてる国ってナウルやっけ?

71: 真剣な匿名さん 19:18:28 ID:f0j
どうやって国を維持してるのか見物やな

72: 真剣な匿名さん 19:20:41 ID:ZHQ
>>71
金を他の国から貰っとるからなあ…

73: 真剣な匿名さん 19:21:36 ID:kcg
冷静に考えるととんでもない勝ち組やな

1000: 厳選人気記事 ID:serious.blog.jp