匿名だって真剣

誰が言ったかではなく、何を言ったかの世界。 (ニュース系まとめブログだよ!!)

カテゴリ: 地域ネタ

立川とかいう、東京都内にある地方都市。新幹線が停まらないのに新幹線が停まる地方の大きな駅並みの規模を誇る、というのは、もしかしたら非常に珍しい立ち位置なのかもしれません。 引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1558614694/ ...

広域でエントリーしている和歌山県にびびりますが、イッチの出身地ということで、厳しめ評価を受けているようです。 引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1560647937/ ...

道民でもなければ、北海道といえば『THE北海道』みたいな所しか頭に浮かびませんが、観光地でもなんでもない『普通の街』もあるんですね。あたりまえですけれど。 引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1559905135/ ...

ヨーロッパに追いつけ追い越せでやってきた日本ですから、自然と、ヨーロッパ人は模範となるべき人々、と思い込まされているところはあると思います。しかし今、立ち止まってよくよく観察してみると、自分たちと大して変わらないのでは、もっと言えば、自分たちよりもひどい ...

HuluやNetflix、amazonKindleの対等によって、明らかに苦境に立たされているTSUTAYAさんですが、閉店していくのとは別に、こうして新しく踏み出していく試みがあるようで。どれほどの勝算が見込めているのでしょうか。 引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupite ...

テレビの放送局が少ないとか、遊ぶ施設が少ないというのは、場合によってはメリットにもなりそう。やるべきことがあるはずなのにだらだらとテレビを見たり、遊んでしまって後悔するということがありますもんね。ただそれもネット環境で全てが破壊されますが……。 引用元:htt ...

あくまで、日本人の頑張りすぎな気質に釘をさすような話のようですが、日本での収入を維持したままでの物価の安さにも言及していますから、なんともいえません。外国人として生きるのと、自国民として生きるのとでは、決定的な違いがあるはずです。どこにいっても文句を言う ...

2013年頃に初見殺しで有名になった岡山県の用水路問題ですが、対策に本腰を上げたのが2018年というのも、役所仕事の鈍さを感じさせてくれます。予算がたちにくいというのはわかるのですが……。  引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1557729594/ ...

そもそもが、ふるさと納税の意義自体、不明瞭なわけで。不明瞭というか、不備だらけなわけで。市長さんのやることに批判的な向きが多いようですが、個人的には気持ちはわかります。関連記事泉佐野市、アマゾンギフトを使ってとんでもない額のふるさと納税を集めてしまう 引用 ...

これは……。しかし、心のどこかに、少しだけいってみたい気持ちが沸き起こってこなくもないのです。 引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1541843198/ ...

東京は狭いという印象がありますが、やはり色々ありますね。山手線内、山手線周囲、千葉寄り、新宿以西、中央線以北、以南とで、だいぶ様子が違います。実際に住んでみた人の意見を聞いてみないと、わからないこともありそうです。 引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read ...

その圧倒的な個性で、現在も尚輝きを放ち続ける、漫☆画太郎先生。図書館利用者カードにもそのイラストが採用され、図書館も利用者が激増して、利用者は多くの教養が得られ、みんな幸せ。やったね! 引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555749672 ...

裏に潜んだ問題はわかりませんが、こうしてみると、活気があってとっても良さそうに見えるのですが。実際はどうなのでしょうか。 引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1555304145/ ...

地方を助けるとかいうキャッチフレーズに反して、全く助けになっていないとするならば、泉佐野市がおこなのもわかります。助けられなくても比較的大丈夫な地方が潤って、本当に助けて欲しい地方が蔑ろにされてしまうような制度なら、無い方がマシなのかもしれません。 引用元 ...

↑このページのトップヘ